養毛剤で髪の悩みとさよならするために

数ある養毛剤の中でも特に効果を感じられると評判があるものは血管拡張作用があるタイプのものです。血管拡張作用がある養毛剤は、毛根へ十分な栄養と酸素を送り込んでくれます。それにより毛乳頭を発達させ、抜け落ちにくい髪へと変化していきます。
壮年性脱毛症や円形脱毛症、また、びまん性脱毛症など全てに共通していえるのは、この毛乳頭が収縮し、発毛に大切な役割を果たしている栄養素が行き渡らなくなり、血行状態が悪化し、抜け毛が増えてしまいます。

 

血管拡張作用がある代表的なものとしてはミノキシジルと塩化カルプロニウムが挙げられます。
養毛剤のみならず医療用としても使用されていて、頭皮の血行を促進する効果があると医学的にも認められています。

 

特にミノキシジルは男性型脱毛症ガイドラインで最高評価となるAランクの評価を得ています。
また、他にも養毛剤で主流となっている成分はセンブリエキス、人参エキス、チョウジエキスなどが挙げられます。
メーカーに問わず、この三種類は特に人気があり、どの養毛剤にも配合されているケースが多くなっています。

 

養毛剤には血管拡張作用以外も

他にも効果がある成分として挙げられるのが、カシュウチンキです。カシューチンキには血管拡張作用があるわけではありません。
しかし頭皮状態を清潔にするのに重要な役割を果たしていて、皮脂の量を抑える役割があり、毛穴を詰まらせるのを防ぐ作用があります。
そして他にも殺菌作用でフケやかゆみを抑制する働きが期待できるヒノキチオールも養毛剤には欠かせない成分と言えるでしょう。
養毛剤は有効成分が含まれているとはいえ、効果が出るまで以上に時間を要するものです。
最低3ヶ月以上、長い目で見て半年以上は効果が出るまで諦めずに使用しましょう。

養毛剤の効果を発揮する有効成分とは記事一覧

養毛剤は女性でも安心して使用できると評判!

養毛剤のメリットとして挙げられることは、女性でも無理なく使用できるという点です。養毛剤は第1類医薬品に該当するものはありません。リアップなどの第1類医薬品に該当する育毛剤は存在しますが、養毛剤自体は医薬部外品に該当します。医薬部外品の場合は、第1類医薬品に比べ即効性という面では劣りますが、薄毛改善の...

≫続きを読む

有名な養毛剤とは!?男性に人気の養毛剤を検証

日本で発売されている養毛剤のほとんどが男性が使用することを想定した養毛剤となっています。特に男性ホルモンの抑制に強力な作用を発揮するミノキシジル配合の養毛剤、フィナステリドやデュタステリド含んだ養毛剤は男性ならではの養毛剤といえるでしょう。日本で現在、発売されているほとんどの養毛剤が副作用の少ない安...

≫続きを読む

養毛剤で男性ホルモンを抑制して薄毛改善効果があるものとは

養毛剤を選ぶ上で重視するならやはり、DHTの働きを抑えるものが理想です。DHTとはジヒドロテストステロンのことで、この成分が頭皮に広がってしまうと、薄毛が進行してしまいます。ジヒドロテストステロンは男性ホルモンが変化したものです。つまり、男性ホルモンも抑制をすれば、薄毛も徐々に収まるということになり...

≫続きを読む

養毛剤で白髪は治るのか?

養毛剤には薄毛抑制効果がありますが、それ以外にも白髪防止効果もあります。ただし、どの養毛剤を使用しても白髪防止効果があるというわけではありません。白髪防止効果のある成分はサンショーエキスが配合されているものになります。サンショーエキスは日本や中国などアジアに古くから存在しているミカン科の落葉樹。昔か...

≫続きを読む

養毛剤の使用による副作用の影響とは

養毛剤のほとんどが医薬部外品に該当し、副作用の危険性がありません。稀に使用の仕方を誤ると、かゆみや頭皮の紅潮などが見られますが、通常の適正な使用では副作用はないと考えて問題ありません。養毛剤は使用することで改善の効果が見込まれるものですが、決して強い刺激や作用を兼ね備えているわけではありませんので、...

≫続きを読む