男性ホルモンを抑制し薄毛解消を目指す

養毛剤を選ぶ上で重視するならやはり、DHTの働きを抑えるものが理想です。DHTとはジヒドロテストステロンのことで、この成分が頭皮に広がってしまうと、薄毛が進行してしまいます。ジヒドロテストステロンは男性ホルモンが変化したものです。
つまり、男性ホルモンも抑制をすれば、薄毛も徐々に収まるということになります。

 

男性ホルモンも抑制する成分とは?

養毛剤で、この効果が期待できる成分はノコギリヤシが有名です。
ノコギリヤシには男性ホルモンと5aリダクターゼと呼ばれる脱毛の原因物質の結合を防ぐ働きがあります。
もともとは前立腺肥大症の薬として使われていた成分ですが、抜け毛抑制効果も確認されたため、養毛剤の重要な成分として数多くの養毛剤に配合されています。

 

そしてもう一つ欠かせないのが亜鉛。

亜鉛はサプリメント等でも簡単に摂取できるものですが、養毛剤にも配合されています。
使用することで髪の生成に必要なタンパク質を吸収し、さらに血行を良くするために必要な肝臓の活力を生み出しています。
これらの有効成分を使用し続けることで、脱毛や薄毛が改善されていきます。

 

亜鉛は食事でも摂取することができますが、その場合は微量のものとなりますので、あまり効果が期待できません。
毎日1日2回定期的に養毛剤を使用した方が亜鉛をコンスタントに補給することができます。
このように男性ホルモンの抑制は抜け毛防止には欠かせないことです。
副作用の危険性もありませんので、初期脱毛などの症状が起こらず安心してどなたでも使用することができるでしょう。

 

薄毛の進行は養毛剤をうまく活用することで抑えることができます。
高齢になってなければ、まだまだ髪の毛は再生可能なのでこのような育毛剤をぜひ試してみましょう