女性の髪の悩みにも効果が期待できる養毛剤

養毛剤のメリットとして挙げられることは、女性でも無理なく使用できるという点です。
養毛剤は第1類医薬品に該当するものはありません。
リアップなどの第1類医薬品に該当する育毛剤は存在しますが、養毛剤自体は医薬部外品に該当します。
医薬部外品の場合は、第1類医薬品に比べ即効性という面では劣りますが、薄毛改善の役割は十分に果たすものばかりで長期にわたって使用すれば改善できると多くの方が使用しています。

 

養毛剤最大のメリットは副作用がないということ!

ホルモンバランスや刺激性の強い成分を気にする必要がないので、女性が使用するなら医薬部外品の養毛剤がおすすめです。
男性専用の養毛剤に比べて刺激が弱く、無添加のものが多くなっています。
特に妊娠中や生理中などホルモンバランスの影響を受けてしまうような養毛剤は要注意です。

 

女性が避けたほうが良い養毛剤とは

中でもフィナステリド含有のものは絶対に避けなければいけません。
使用はもちろんのこと、触れるだけでも危険な成分と言われているので絶対に手にしないように注意しましょう。
しかしフィナステリドを含んでいる養毛剤というのは、日本で発売されているものでは存在しません。
海外の一部の育毛剤にしか含まれていないので、そこまで気にする必要はないでしょう。

 

養毛剤は男女共通で使えるものや、男女で成分が分かれていて性別ごとに販売されているものなど様々。
自分にあった養毛剤を選択し使用しましょう。
女性用の養毛剤として、女性ホルモンの調整作用があるヒオウギエキスやビワ葉エキスというのは、女性専用の養毛剤によく配合されている成分です。

 

女性用といっても男性のものと、取り立てて大きな成分の違いがあるというわけではありませんが、男性ホルモンのバランスを考慮した養毛剤よりも、女性ホルモンを意識した養毛剤を選択するのが無難といえます。